夢コレ:ポッポちゃん×おっきーでSHP立上げ

poppo_okkie

‪#‎5000組のバディ‬
2020年の東京オリンピックを受け入れたということは、必然的にパラリンピックもやってきます。
 
それに伴い、障がい者の社会進出がより進んでいくと考えられています。
 
ですが、いざ進んでいっても、
 
「障がい者の現実なんてわかんないよ。」
 
「障がい者はどんなことができるの?」
 
「じゃあ専門家でない私たちに何ができるの?」
 
等と多くの方は考えているかと思います。
 
代表の私も15歳の時の怪我により車椅子ユーザーとなりましたが、他の障がい者のことを熟知してるとは言えません。
 
10年高齢者・障がい者のホームヘルパー事業所で勤務し、管理者も務めていながら情けないことではあります・・・
 
ですが、専門家でなくても大丈夫。今できることをしてみてください。
 
目の不自由な方に信号の色を伝えるなどでも構いません。(ただし、支援の仕方は大事です。これは様々なイベントを通じてお伝えしていきます。)
 
今できることをやる、簡単なようでなかなかできないことです。
 
なおのこと障がいがあると、できないだろうからと健常者も障がい者も諦めてしまうことも少なくありません。
 
そこで、イベントなどを通じて知り合っていただくことで、障がいがあってもできることもある、健常者だってできないこともある、そういうことをお互いが感じ学ぶ環境創りが大切ではないかと考えています。
 
「この人はパソコンが得意なんだ」
 
「話が上手だな」
 
「お酒に強いんだ」
 
「料理が苦手なんだ」
 
「口は悪いけど的を得ている話をする」
 
等々。。。あなたの一番身近な友人はどのような方ですか?
 
私たちシェイクハートprojectのイベントでは、知り合い、友人、そして親友を作り、障がい者・健常者のくくりではなく「人」として感じていただけたらと願っています。それを感じた時がバディになった瞬間だと考えています。
  
さて、2020年を迎えるにあたり、各国から来日する障がい当事者を含めた全ての方々を「お・も・て・な・し」する準備はできていますか?
 
私たちは2020年を目標に5000組のバディを作り、合計1万人のサポーターで日本らしい「おもてなしの土産話」を世界の人々にお持ち帰りいただきたいと考えております。
 
一緒に活動し、東京だけではなく全国で行ってくれる仲間を探しています。どうぞこの活動をご紹介いただけたら有難いです。
 
‪#‎一緒にココロ震わせましょう‬
シェイク・ハートproject 代表 白井ながおき
 
‪#‎運営ボランティアさん募集中‬
5000組のバディを作るための一つの手段が、ユニバーサルパーティ略して「ユニパ」です。只今この運営に個人、法人問わずご協力及びご支援いただける方を募集しています。
 
shake.heart.project@gmail.com